読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっさんたっさんの子育て隊

2016年5月出産予定。30代夫婦の第一子出産準備の模様と日々の記録をまったり書いていきます。

母乳育児がこんなに大変だとは

0〜3ヶ月

タツ子も生まれてから21日が経ちました。
もう生まれた時とは全然違う顔をしています。
ますます可愛くなっていく、、完全に親バカです笑


やっさんは出産後実家に1ヶ月の予定でお世話になっているため、現在はタツ子のお世話に専念しています。


産後の身体も段々と回復してきて、涙が出るのも毎日から3日に1回ぐらいになってきました笑


現在育児をしていてやっさんが1番大変だなと思っているのが母乳育児。
今は少しマシになりましたが、数日前は本当に母乳育児辞めたいと思うほどになっていました。
今でも3時間ごとの授乳の時間が毎回若干憂鬱であります。


母乳って、生んだら自動的に出るものでもないし、おっぱい差し出したら赤ちゃんが自動的に吸ってくれるもんでもないんですよね、、、


そんな風に思ってたわけではないですが、ここまで大変だとは思っていませんでした。

大変ポイント&悩みポイントまとめてみました。



やっさんの母乳育児状況

やっさんは特に完母にしたいというこだわりがなかったため、現在は母乳とミルクの混合にしています。


退院時には3〜4時間ごとに母乳→ミルク40mlを足す、と病院から指導があったためそのとおりにしていたのですが、先日10日目健診にてタツ子の体重が全く増えていませんでした泣


そこでタツ子が全く母乳を飲めていないことが判明。
そのためミルクを40→60mlに、授乳時間も3時間ごとに、となりました。


やっさんの乳首が飲みにくい&タツ子の口が小さいため、入院時から乳頭保護器を使用して授乳を開始。


10日目健診では母乳の出は悪くないと言ってもらい、おっぱいマッサージの方法とおっぱいの飲ませ方を教えてもらいました。

母乳育児大変ポイント

その1→乳首が痛い


乳首が痛くなるのを恐れて妊娠前から乳首のマッサージだけはやっていたんですが、それでも左の乳首が授乳ごとに痛くてたまりませんでした。

乳頭保護器をしていても痛かったです。
一時期は切れて保護器に残った母乳に血が混じっていたことも。。。

その2→授乳途中でタツ子が寝てしまう


母乳を飲むのって想像以上に体力を使うようで、絶対に途中でタツ子が寝てしまいます。
起こしては2回モゴモゴさせただけで再び夢の中。
それをまた起こしての繰り返しです。

その3→寝ているのを無理矢理起こさなければならない


3時間の授乳間隔というのがタツ子に合っていないのか、熟睡中に無理矢理起こして授乳、ということが多いです。
特に夜中3時に目覚ましをかけてタツ子を無理矢理起こして授乳、、というのが結構辛いです。

その4→おっぱい拒否される


これが1番辛かったです。
最初のうちはやっさん自身を拒否されたような気がして毎日泣いていました。


ただ、この拒否が
眠たい→おっぱいがうまくくわえられない→怒る
寝ぼけている→くわえているのを外してしまう→おっぱいを見失って怒る
という理由からなんだということが段々わかってきて気持ちとしては楽になりました。


ただおっぱいを手で押しのけられてギャン泣きされると若干堪えるものはありますが。。。

その5→時間がかかる


混合だからだとは思うんですがおっぱいを飲ませてからミルクを作って飲ませて、、という工程がとーっても面倒くさいです!
やっさんの授乳の流れとしてはこんな感じです


ミルク60ml作る
大体熟睡してるので起こすためにもオムツ替え
おっぱいマッサージ
ミルクが冷める間に授乳左右10分ずつ
ミルクを飲ませる
哺乳瓶を洗う


こうやって書くと結構簡単そうですが授乳に格闘して時間がかかるし、飲まなかった時は搾乳してくださいと言われているので更に時間がかかります。。
これにタツ子の寝ぐずりが加わると更に大変に。


それに実家なのでミルクを作るのが1階のキッチン、授乳している部屋は2階なので授乳の度に階段を数回往復。。


2階でミルクを作る仕組みを早急に整えなければ、と現在考え中。

その6→ミルクの量がわからない


母乳プラスミルクを飲ませているのでどれだけ母乳を飲めているのかわからず、指導通りにミルクを60ml足しておけばいいのか不安です。


また、母乳をあげるのも
今は病院で左右10分ずつと指導されているのでその通りにしているのですが、
母乳はまだ出そう&タツ子もまだ飲めそうな時に10分で切り上げた方が良いのか飲めるだけ飲ませた方が良いのか、とか


サイトや本によっては両方均等におっぱいをあげるのではなく、片方のおっぱいをずっと飲ませ続けた方がいいと書いているものがあったり


母乳育児の進め方自体が難しいです。


ひとまずは1ヶ月健診までは病院の指導通りに行い、様子を見て病院に相談するなどしていきたいと思っています。

大変ポイント対策

大変ポイントが結構あって正直母乳育児が嫌になっていたやっさん。


実は数日前にあることを見直したところ、いくつかの大変ポイントが改善されました。


それは
授乳の仕方
です。


おっぱい拒否が頻発していた時に、
もう一度授乳姿勢やおっぱいのくわえさせ方などをサイトで勉強し直しました。


そしてそれを実践したところ、
少しずつですがタツ子がうまく母乳を飲めるようになり大変ポイントの中の乳首痛い問題とタツ子が途中で寝てしまう問題、おっぱい拒否問題が少し改善しました。


参考にしたサイトはこちらです。

こちらのサイトによると、

1. 深くくわえさせる
2. あごが乳房にくっつくような首の角度に保つ

この2つのポイントが重要のようです。

やっさんはこの2つのポイントに気をつけつつ、縦抱きの姿勢で授乳しています。

この姿勢にするとタツ子も飲みやすいのか、ゴクゴクという喉の音が聞こえるようになりました。
縦抱きの姿勢はこのページを見て頂ければわかります。


やっさんの場合、乳頭保護器を使っていたのがよくなかったようです。
病院からすすめられて使っていたのですが、保護器を使うことで乳首はくわえやすくなる反面、くわえ方が浅くなりがちです。


口がモグモグしているから飲めていると思っていましたが、浅いくわえ方だと乳首を痛めるだけでなく、キチンと母乳が出ないんですね。


結果タツ子もうまく飲めない→おっぱい拒否や寝てしまうといった結果を招いてしまっていました。


ご紹介したサイトはかなり詳しく飲ませ方がが書いてありますし、母乳の出る仕組みも書かれていて、読むと飲ませ方の参考にもなりました。


まだまだ授乳に関しては試行錯誤の連続です!
これからの課題はタツ子に合った授乳時間を探していきたいなぁと思っています。





ブログランキングに参加しています♪ クリックしていただくとランキングが上がる仕組みになっています。 更新の励みになりますので来たよの合図にクリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村