読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっさんたっさんの子育て隊

2016年5月出産予定。30代夫婦の第一子出産準備の模様と日々の記録をまったり書いていきます。

赤ちゃんの保湿剤にはセラミド入りのものがおすすめ!Forfamボディローションレビュー【1年使っての感想追記しました】

出産準備

赤ちゃんには保湿が大事、
なんとなく知っていることではありますが、
実際にどのタイミングで、どんな保湿剤を、どれぐらい塗ったらいいのか???
よくわからなかったりしませんか??

f:id:yacco_alfalfa:20160513170407p:plain

やっさん家では、たっさんが敏感肌で現在も手荒れに悩んでおり、食物アレルギーも一部あったりします。
そのため生まれてくるタツ子も肌が弱い可能性があり、正しいケアをしっかりしてあげたいなーと赤ちゃんの保湿についていろいろと調べておりました。

いろいろ調べてみると赤ちゃんへの保湿の重要性っていったらなかった!!

これはしっかりしてあげないと!ということで保湿剤はどれがいいのか探していたのですが、特に保湿剤と一言で言ってもローション、クリーム、オイル、、などなど種類もいろいろ、入っている成分もいろいろでどれがいいかさっぱりわかりません!!

ということでやっさんなりに調べてこれがいいかな?という保湿剤を購入しましたのでご紹介していきたいと思います!

 赤ちゃんの保湿って、めっちゃ大事だった!!

「赤ちゃんに保湿は大事」ってよく言われますが、何がそんなに大事なのか?
やっさんは全く知りませんでした。
赤ちゃんは肌が弱いから?
いえいえ、もっと大きな理由がありました。

まずはやっさんが調べた中で参考になった記事をご紹介します。

kotominori.blog88.fc2.com

こちらの記事は講座を受けられた際のレポなのですが、とにかくアトピーを防ぐには「保湿」をすればよい!という内容。
日々の生活で気をつけることなども書いてあって大変参考になりました。

 

atopyandsobo.org

アトピー重症者だった方のブログ。
お医者さんじゃないよね!?というぐらい詳しいです。
すごーく長いですが子どものアトピーを防ぎたい!という方にはぜひ読んでほしいです。

詳しくは上の記事を読んで頂ければわかるのですが、やっさんも以下に簡単にだけまとめていきます。ただ素人なのできちんと説明できているか不安。その辺りご了承ください。

新生児期の保湿がアトピー発症率を3割減に

上記記事の元になっているのが2014年10月に国立成育医療研究センターが発表した研究結果みたいです。その時の記事がこちら↓

gooday.nikkei.co.jp

経皮感作を防ぐことがアトピーを防ぐことにつながるらしい

経皮感作という言葉をやっさんは知らなかったんですが、経皮感作とは以下のようなことらしいです。

 以前より、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんに、高率に食物アレルギーが合併することが知られていました。これは、アレルギー素因の強い赤ちゃんに、これら2つのアレルギー疾患が合併したのだと考えられてきました。しかし、近年、環境中の食物、さらにはダニなどの吸入性のアレルゲンが、アトピー性皮膚炎によるバリア障害を起こした皮膚を通して体内に侵入することにより、感作(そのアレルゲンに対してIgE抗体を作ってしまうこと)を起こしてしまうことが、いろいろな研究から分かってきました。

食物アレルギーの最新の治療について

アレルギーは口から入ったものに反応すると思いがちですが、実は皮膚から入った場合の方がアレルギーを発症しやすいらしいんですね。

以前「茶のしずく」の小麦アレルギーがニュースになっていましたが、あれがまさに経皮感作の例らしいです。

皮膚のバリア機能が低下していると、空気中の食物などの抗原が容易に入りやすくなり結果、経皮感作を起こして食物アレルギーや皮膚アレルギーを発症するそうです。

そのため特に皮膚が弱い赤ちゃんには、保湿によって食物抗原の皮膚への侵入を防ぐことが経皮感作を防ぐことにつながりアトピー発症率を下げることになるんだそう。

ではどのような保湿剤がよいのか?

保湿がどれだけ大事かはわかったのですが、ではどのような保湿剤がよいのか??
上記の記事でポイントとされていたのがセラミドという言葉です。
これまたやっさんは
セラミド???
となったんですが、セラミドとはお肌の潤いを保つ上でとっても重要な成分らしい。

セラミドは、表皮の1番上の層である0.02mmほどの角質層の中に存在している「細胞間脂質」を構成する成分の1つです。細胞間脂質は他にも糖セラミド、遊離脂肪酸コレステロールコレステロールエステルなどがあります。

細胞間脂質は、NMF(Natural Moisturizing Factor・天然保湿因子)が抱え込んでいる水分をサンドイッチのように間にはさみ込み、水分を逃がさない働きをします。この、細胞間脂質(油分)とNMF(水分)が重なり合っている状態を「ラメラ構造」と呼びます。

保湿成分には、この細胞間脂質のように「水分を間にはさみ込む」タイプ、「水分を吸着する」タイプ、「水分を抱え込む」タイプがありますが、細胞間脂質のように「はさみ込むタイプ」は、最も水分保持力が強く、お肌を健全に保つ上で大変重要な役割を担っています。

この強力な水分保持力を持つ細胞間脂質の主成分がセラミドで、細胞間脂質の約50%を占めます。

セラミドの皮膚内での役割 | スキンケア大学

セラミドが不足するとお肌が乾燥してバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こすらしいんですね。
なんでもアトピーの方はこのセラミドが健康な肌の人に比べてすごく少ないんだとか。
なので保湿剤でセラミド入りのものを選ぶといいらしい。

セラミドには天然セラミド、合成擬似セラミド、合成セラミド、バイオセラミドなどいろいろと種類があり、効果もいろいろと変わってくるそうです。
このセラミドの呼び方、サイトによって合成セラミド=合成擬似セラミドとしているところがあったり、バイオセラミド=ヒト型セラミドとか、合成セラミド=ヒト型セラミド、とかいろいろ呼び方が変わったりしているのでいまいちよくわからなかったんですが、いろいろなサイトを見るととにかく一番効果があるのが成分表示などでセラミド」の後に数字がついているものがいいらしいです。

www.perhedesign.com

あともう1つ大事なのが保湿剤の中に食物アレルゲン(食物エキス)が入っていないこともポイントだそうです。

そりゃそうですよね。あれだけアレルギーを起こさないように離乳食とかいろいろと気をつけないといけないのに、毎日塗る保湿剤によって皮膚からアレルゲンが入ってしまうと口から摂取するよりリスクが高いですもんね。

化粧品に入ってるものとして注意すべきなのは卵、乳製品、小麦です。これらは日常的に摂取するので保湿剤に入っていると食物アレルギーが発症しやすくなります。

ピーナッツ、蕎麦、甲殻類は日常的に摂取することはあまりないんだけどアレルギーが重いのでそういう保湿成分が配合されているのは避けるのが吉。

化粧品には必ず成分が明記されています。そして検索すればどういう成分なのかも出てきます。赤ちゃんを守れるのはお母さんだけです。しっかりと皮膚に塗るものは吟味しましょう。

例外として植物や植物エキスが入っているものは大丈夫です。これらは保湿成分としても有用でかつ抗原を取り除かれていますので。

赤ちゃんに保湿剤を塗るとアトピーが予防できるのはなんで?どの保湿剤を使えばいいの?お勧めを教えて! | アトピー攻略ブログ

だそうです。 

やっさんが購入した保湿剤はこれです。

いろいろ調べた結果、やっさんはこちらの保湿剤を購入してみました。

by カエレバ


セラミド配合の保湿剤は調べてみるといろいろあったんですが、他に含まれてる成分がいいのか悪いのかよくわからなくて。。

なので結局はこれまで紹介してきた記事の中でおすすめされていたものを一度試してみることにしました。

いろいろ調べてみると、楽天のベビーローション・オイル部門で1位になってたり、(現在やっさんが見たときには2位でした)

あとは雑誌に載ったり芸能人の方たちが使っている人が多いようで結構有名なやつでしたwだから知ってる方も多いでしょうか??

ちなみによく売れているほうはボディミルクの方みたいなんですが、こちらには牛乳成分が含まれています。
やっさんは初めは心配なので「牛乳・卵・大豆由来の原料不使用」のローションの方を買いました。
皆さんもミルクとローションでは含まれている成分が変わりますので吟味して買ってくださいね。

早速届きましたのでレポします。

f:id:yacco_alfalfa:20160514192056j:plain

パッケージはこんな感じ。
2本セットで送料無料だったので2本購入しました。
入ってる箱もシンプルな感じです。

試しに手にとってみました

f:id:yacco_alfalfa:20160514192140j:plain
ローションだからかすごく伸びがよかったです。
赤ちゃんにも塗りやすそう。

やはり化粧品は合う、合わないがありますのでタツ子に合うかどうかは試してみないとわかりません。
使用の前には必ずパッチテストをしてから使おうと思っています。
タツ子に合わなかったらやっさんが使おっとw

またタツ子が生まれて使用するようになったら使用感をお伝えできればと思っております。

【2017/3/24追記】
こちらのローション、現在でも使っています!
基本的にお風呂上りに全身と、朝起きた時に顔のみ、そして乾燥が気になった時にもこまめに塗っています。
伸びもいいですし沢山入っているのでコスパはかなりいいのではないかと思います。
我が家ではもうすでに数本をリピート中。
手荒れがひどいたっさんも一緒に使用していて、リビングに1本、車の中に1本、カバンの中に携帯用ケースに入れ替えて1本、さらにたっさんは仕事場にも1本といつでも塗れる状態になっています笑
昔から手荒れで悩んでいてワセリンでさえ塗りすぎるとダメなたっさんも、この保湿剤ならずっと使い続けていられる!と太鼓判を押しています。
本当におすすめな1本に出会いました。

ちなみにこんなのも買いました!

セラミドがかなりよさそうなのでたっさん用にこちらも買ってみました。

なんと飲むセラミド

atopyandsobo.org

届きました

f:id:yacco_alfalfa:20160514192210j:plain

1日3錠、先日から毎日たっさんセラミド生活してます。
皮膚の治りが早いと言っております。
100%プラシーボ効果かと思われますw

あとやっさん用に乳酸菌サプリも。

atopyandsobo.org

こちらはすぐ届いたので今はヨーグルトとかに混ぜたりしてます。

多くの乳酸菌を1粒に配合!パワーアップした「乳酸菌革命」

この乳酸菌革命というのも買ったんですが、こちらは福岡の会社らしく、地震の影響で届くのが遅れているようです。
乳酸菌は本当は生まれる1ヶ月前くらいから摂取するのがいいみたいなのですが今からでもまぁ遅くはないだろう!ということでこちらも試してみることにしました。
今のところ乳酸菌でやっさんに変化はありませんw


今回はいつにも増してながーい難しい記事になってしまいましたw
最後まで読んでくださった方、本当に、本当にありがとうございます!!
本当はこれを試して良かったよ!みたいな記事が書けるといいんですが、何せタツ子がまだ生まれていないのでwいろいろこれから試行錯誤していきたいと思っています。

 

ブログランキングに参加しています♪ クリックしていただくとランキングが上がる仕組みになっています。 更新の励みになりますので来たよの合図にクリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村